スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日がかりでモルディブへ★マーレ編

ガルーダインドネシア航空で、機内イミグレ復活だって そういえばむか~し、ガルーダで機内食が終わると、イミグレの人がやって来て入国審査をしてくれてたんだった!!ガルーダに乗らなくなって長いので、そんなことがあったのも忘れてたわ~。

インドネシア入国に際して、イミグレーションアシスタンスもしくは入国VIPサービスと言われるものがあります。飛行機から降りたところで、迎えの人が来ていて、その人にヴィザ代とパスポートを渡すと入国審査に並ばなくても、その人が入国審査を終えて来てくれるというサービスです。入国する本人を役所が確認せずに入国をさせてしまうという、恐ろしいシステム
それにしても、機内でイミグレやったり、入国審査を代理で人がやってくれたりと、旅行者としては便利だけど、そんな入国の仕方でいいのか、疑問です~。
そういいつつ、次回のバリでも入国審査代行は頼んじゃってます、さまんさです だって、並ぶのめんどくさいんだも~ん

さて、前述の通り、シンガポールに到着して、その夜はホーカーズセンターでウロウロしたり、次の日はオーチャードホールで買い物したり、つかの間のシンガポール観光を楽しんだ後、夕方のSQでモルディブのマーレへ向かいます。

モルディブのマーレ国際空港は、空港専用の島です。マーレの街は空港島から渡し船で移動しなければなりませんし、リゾートホテルへは専用の船が迎えに来るか、諸島間を結ぶ飛行機に乗ります。
但し、諸島間の飛行機は日没後のフライトはありませんので、日没後に到着の場合は、どこかで一泊します。
日本からマーレに行く場合は、すべてのフライトが夜着なので、どこかで泊まらなくてはなりません。

私たちの目的地であるフォーシーズンズ・ランダーギラヴァルは、飛行機で向かわなければならないため、どこかホテルを探さなくてはなりませんでした。

この時、私たちが考えたのは3つの選択肢。
①空港島に唯一あるフルレアイランドホテルに泊まる
②空港島から船で30分くらいの安いリゾートで一泊する。
③空港島から渡し船で十数分のマーレの街に出て、一泊する。

フォーシーズンズからは「到着の夜は、空港から船で30分程度のフォーシーズンズ・クダフラで一泊するのはいかがでしょうか?」との連絡が来ましたが、10時間も滞在しないのに、約800米ドルは高すぎると判断しました。

②の安いほかのリゾートという選択をして、翌朝海を見ながら朝食をとって移動するのは魅力的でしたが、午後10時過ぎに到着して船で移動も疲れるのではないかということと、翌朝のフライトの時間によっては間に合わない可能性も考慮しました。

マーレの街のホテルも考えたのですが、ホテルの選択肢もあまりなく、知らない街を子供を連れて自力で夜移動するのも不安でしたし、マーレの街は客引きがすごいとも聞いていたので、あきらめることにしました。

消去法で結局空港島のフルレアイランドホテルに宿泊したのですが、最後まで悩んだのは値段です。
便利で楽チンでいいのですが、どのサイトを探しても一泊300米ドルくらい。うちはエキストラベッドを入れてもらうので、400ドル近くかかってしまいます。HPや他の方のブログを見ても、400ドルの価値のあるホテルとは思えないし(前日泊まったリッツカールトンは220ドルなのに)、この足元を見るような料金に躊躇したのですが、結局体が楽なほうがいい、と言うところに落ち着きました。

空港に到着すると、フルレアイランドホテルまではバスが出ているというので、とにかく税関から外に出て、誰かに聞いてみようと思っていると、「ARE YOU MR.○○?」と声をかけてくる人が…
びっくりして振り向くと「フォーシーズンズから来ました~」と笑顔の男性が立っていました。
「フォーシーズンズには、今日は泊まらないんですけど」というと「はい、明日からランダーギラヴァルにお泊りの○○さまですね。今日はフルレアイランドホテルにご宿泊ですね。ご案内します」と私たちの荷物を持って歩き始めました。驚き~&うれしい~

バスに到着すると、彼はバスに荷物を預けて「明日の飛行機は、朝一番の○時の便です。フルレアイランドホテルのバスの到着場所に●時に待っています」と言うとバスが出発するのを見送ってくれました。
モルディブの諸島間の飛行機は、前日にならないとフライト時間がわからないので、フルレアイランドホテルにフライト時間をメッセージで残しておきます、とフォーシーズンズから連絡は来ていましたが、こうやって空港で直接会って、伝えてもらったので、一安心。
次の日のフライトが夕方だったら、空港島で一日どうやって過ごしたらいいのかととても心配していましたから。

ということで、フルレアイランドホテルの客室内はこちら↓
IMG_0932.jpg
アメリカで100ドルもしないモーテルか、それ以下くらいの室内です。

翌朝、ホテルのビーチも撮影してみました↓
IMG_0935.jpg
なんだか、モルディブのホテルっていうイメージから遠いでしょ(笑)

バスタブはもちろん無く、シャワーブースのみだったのですが、うちのムスメが「シャワーブースの床がとても汚い」と言って怒っていました 一晩しか泊まらないってわかっているから、あれこれダメなところも笑って過ごしましたが、それでも400ドルという値段には今思い出しても腹が立ちます。バリのザ・レギャンより高いって、ありえな~い

翌朝、フルレアイランドホテルでビュッフェ形式の朝食を食べて(これも、あまりおいしくなかったですね~)、バスで空港に向かいました。
バスを降りると、昨日のフォーシーズンズの人が迎えに来てくれています。ベニヤでできたような青空カウンターで飛行機のチェックインをすると、バスに乗り込みます。そして着いたのは
IMG_0937.jpg
フォーシーズンズ専用の待合室。前日のホテルがホテルだっただけに、ほっとするやら、気持ちが盛り上がるやら。フォーシーズンズに来たーって感じがする、高級感あふれる待合室で、またまた食べ物のサービスあり、好きなもの飲み放題ありで、気分が高まります。

そして(けいちゃんにはとても乗れそうもない)小型の飛行機に乗り込みます。
私の隣に座ったアメリカ人の青年が「パイロットが裸足だよ」と教えてくれて、写真を撮っていたので、私も真似してとってみました。
IMG_0938.jpg
でも、足元撮ってないの

眼下に、いくつもの真っ白な浜辺と、きれいなサンゴ礁を見ながら、いよいよフォーシーズンズ・ランダーギラヴァル到着です。
IMG_0941.jpg

ボートが迎えに来ます。
IMG_0944.jpg

乗り込むとリゾートはもう目の前です。
IMG_0945.jpg

ボートに乗り込んで、海を見るともうすでにサンゴ礁。
そしてリゾートも期待を裏切らないものでした。
ホテルのお話はまた今度


スポンサーサイト
TAG :
モルディブ
フォーシーズンズ

ビーチバンガロー@フォーシーズンズ・ランダーギラヴァル

いつもビジネスランチに使うウェスティン東京22階の鉄板焼き「恵比寿」には、ハンバーグというメニューがあります。いつもは接待に使うのでコースを食べることが多く、ハンバーグが食べられないので、今日はプライベートで、予約まで入れて、ハンバーグを食べに行きました〜。

と、ところが、席についてメニューを見たら「ハンバーグ」がない
「ハンバーグを食べに来たんですけど…」というと、鉄板に陣取るシェフがちょっと不快そうに「平日のメニューなんですよね…」って
し、しまった。今日は祝日だよ〜

友人と、お店を移るかどうかまで相談したけど、結局そのまま、恵比寿でランチとなりました。
また、鉄板焼きかよ〜と思いつつも、気を取り直して、写真を撮るぞぉ〜と気負いこんだまではよかったんですが…
P1000045.jpg

サーブされたら、写真のことも忘れてさっさと食べ始め、「あ、写真!」と思った時にはこんなに食べた後でした。
P1000047.jpg

しょうがないから友人に「ちょっと食べるの待って」って、むりくり写真を撮ってみましたが、結局こんなん↓
P1000046.jpg

食い意地が張っているうえに馬鹿な、さまんさです

でも、ここの和牛ステーキはおいしいですよ〜
今度こそ、平日プライベートでハンバーグのリベンジです

さてさて、ちょっと間があいちゃったけど、今日はモルディブのフォーシーズンズ・ランダーギラヴァルのお部屋のご紹介〜

モルディブのフォーシーズンズ・ランダーギラヴァルに行こうと決めたのは、もちろん、モルディブに行きたかったのもあるんだけど、とってもよくしていただいていたバリのフォーシーズンズ・ジンバランの日本人ゲストリレーションズの方が、ここがオープンの時に移動されるってご挨拶いただいて、その時に「きっと会いに行くね〜」って、約束していたからなんです。

モルディブには二つフォーシーズンズがありますが、こちらは新しいほう。(もう一つのモルディブのフォーシーズンズは、後日アップします〜)

今年は、シャングリラやリージェントなども新規オープンですし、ソネバ系やONE&ONLYなど、超豪華ホテルだらけのモルディブですが、ランダーギラヴァルもとっても快適でしたよ〜

では、

» Continue Reading

TAG :
モルディブ
フォーシーズンズ

フォーシーズンズ・ランダーギラヴァルの思ひ出

只今「京都・俵屋」に宿泊中の姑から電話。
「○○さん(さまんさのこと)のおかげで、おいしいもの食べて、ゆっくりしちゃって。私だけ申し訳ないわ~
私とオットからの旅のプレゼントにご満悦の様子で、大変よろしゅうございました
私も家族を置いて、こんなに海外旅行しているから、申し訳なく思わなくても大丈夫よ~、おばあちゃまぁ~。っておばあちゃまは、私がこんなことしてるとは、夢にも思っていないでしょうけど
天下の大嘘つき、さまんさです

またまた時間があいてしまったけど、今日はフォーシーズンズ・ランダーギラヴァルの思い出いろいろ

いってみまひょ

IMG_1008_20100216204715.jpg
FJランダーギラヴァルには、いろいろなアクティビティがありましたが、なんといってもホテル引きこもり一家の我が家は、そういうのが苦手でお部屋にばかりこもっている傾向があります。

なので、今回は私が一念発起。
まず、シュノーケリングツアーに出かけました。
ところが、海へ飛び込んだ瞬間からなんだか周りにカラフルなものがいっぱい…
「クラゲだっ」と気付いたものの、ここで私が騒いでムスメがパニックを起こすといけないと思い、そ~っと海面から顔をあげました。
するとムスメが蒼白な顔をして「私はもう海から上がる」って。
「そうしなさい」と言おうと思った瞬間、ムスメが「痛いぃ~」と海の中で泣きだしました。
急いでムスメに向かってくるオットとスタッフたち。
あわてた私も思いっきり水を蹴って、泳いでムスメに近づきました。
すぐにホテルのダイビングセンターに戻ると、待機していたスタッフが「酢」を持ってきました。

「クラゲにさされたら、ビネガーで消毒しないとダメだよ」
待っていたスタッフはそういうと、ムスメの足にどど~っと酢をかけました。(ぶっかけるという表現が正しいと思います)
「痛い、痛い、痛い~」もちろん、クラゲに刺されたところというよりも、その酢が痛いのです。

「あれ、ミセス●●(さまんさのこと)、足、どうしました?」
見ると、私の膝から足の付け根にかけて、太ももが思いっきりすりむけています。急いでムスメのところに行こうと泳いだ時にすりむいたようですが、焦っていて気付かなかったのです。
「これは、テーブルサンゴですりむきましたね。サンゴで怪我をした時もビネガーです」
というと、スタッフは私の太ももに思いっきり酢をドバァ~っとかけました。
その痛いこと、痛いこと。二度目のお酢は強い口調で「もうこれ以上やめてください」と言ったので、かけられなくて済んだのですが、「ビネガーでしっかり消毒しないとかゆくなる」と言われて、それでも拒絶したために、帰国後何週間かひどいかゆみに襲われたのでした。

でも、これ以降、ムスメはランダーギラヴァルのスタッフに大いに気を使われて、かわいがられて、「ボクが人生で会った一番大きなクラゲ」とか「海底のサンゴで怪我をして、何年もなおらなかった話」とかの話をいろいろされていました。
それはそれで、思い出ですが、これ以降、うちの子はシュノーケリングをやめてしまったので、そのことはとっても残念

そんな、ちょっとブルーなムスメを連れて、次の日はドルフィンウォッチングへ出かけました。
ランダーギラヴァル近海は、イルカが多く、ほぼ毎日イルカの群れに遭遇できるそうです。

その日に遭遇したイルカの群れは約70頭の群れでした。
遠くからでも、おおくのイルカがジャンプして遊んでいるのが見え、近づくと船と一緒にイルカたちがぐるぐる回ります。
IMG_1020.jpg
IMG_1021.jpg
でも、すごいスピードで泳ぐイルカを写真に収めるのは難しくて、こんなのしかありません

そして、毎日午前中はビーチクラブでまったりのんびり~。
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg
景色は良いけど、結構混んでるでしょ?

このビーチクラブで出会った日本人の青年のお話だと、ここに来る前に滞在していたONE & ONLYは、マーレ空港のそばだということもあって、サンゴ礁が死滅していて海が変なにおいだったそうです。でも、ホテルは素晴らしかったって。う~ん、今度ONE & ONLYに行くかどうか迷うな~

このビーチクラブの脇には、イタリアンのレストランがあって、ピザがとってもおいしかった~
IMG_1002.jpg
でも、レストランの入り口の写真しかないの~
この向こうに、それは景色のいいレストランが広がっています~
MLG_052_394x493.jpg
ということで、こちらのレストランの様子はHPから拝借~

他にも、メインプールわきには、2つレストランがありました。
こちらはステーキレストランだか、バーベキューレストランだったと思います(←いいかげん~)
IMG_0995.jpg
おほほ~、誰かさんのロマンティックディナーの準備がしてあるわ~
ロマンティックディナーをしている人を見ると、つい毒づいてしまうところがある私です
「プロポーズの時だけ、こんなことしてもらってもね~。これから一緒に過ごす何十年の間の何のオケージョンもない時に、こうしてあげるつもりはあるのかね~」などと後ろから小声で毒づいていると「やめなさい、ママが不幸な人に見えるから」って、オットに叱られます。

ホテルのSPAも素晴らしかったですよ~
写真はないんですけど(すいません…)、スリランカでアーユルヴェーダ治療をやっていたら、フォーシーズンズにスカウトされたという女の方が、シロダーラをやってくれて、今までやったシロダーラはなんだったんだ!!と思うくらい素晴らしかったです。
最初はマントラを唱えるところから始まるのですが、それも幻想的で、すごくリラックスできました。

ムスメは、インドやスリランカで「ヘナペイント」と呼ばれるボディーペインティングを体験。
IMG_0985.jpg
このヘナでペイントされたものを、12時間くらいこのままにしておくと
IMG_0997.jpg
こんな風に肌に染まって、2週間くらいとれないのです。

でも、よくよく考えてみたら、帰国後すぐに学校が始まるではありませんか
うちのムスメの学校はいろいろうるさいところなので、まずいな~と思ったものの後の祭り~
学校には「ねんざ」と言って、包帯して行ったのでした~

もちろん、体育は休み(だって、両手ねんざなのに体育やったらヘンでしょ?)
大真面目に「見学届」を書いて提出する馬鹿親さまんさなのでした~








TAG :
フォーシーズンズ
モルディブ
お知らせ
遊んで暮らしたい方はポチっと❤ 人気ブログランキングへ それじゃダメか(笑)
4travelさんに紹介されました
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパのおすすめリンク RAINBOW「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」
ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ のクチコミ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事(全記事表示)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さまんさ

Author:さまんさ
やっぱバナナウユでしょ〜❤

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。