スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度と行かないぞ~(*`ε´*)ノ ブルガリ・バリ

な~んていうタイトルにしちゃったけど、久しぶりにブルガリ・バリのHPを見たら、やっぱり行きたくなっちゃった~ さまんさです
渡バリが近いので、ちょっと気持ちが盛り上がっています~

でも、ブルガリ・バリから帰ってきたときは、まわりの人み~んなに「行かないほうがいいよ」って言いふらしていたのです。

最初に到着したときは、ホテルからの景色に圧倒されて、もちろん出だしからスタッフの感じがイマイチではあったんだけど、期待感もあったし、ワクワクしながらココでお部屋の用意が出来るのを待っていたのです~。
ブルガリ
この写真はHPから拝借~ 矢印が私たちが待っていたテーブルで~す。
とっても素晴らしい眺めで、水平線が丸かったの~。地球って丸いんだ~って感じられました。

ところが…
お部屋に通されると、ヴィラの目の前に同じ大きさのヴィラが立っているので、ヴィラ以外何も見えないの(泣)
空もろくに見えないので、屋外リビングも真っ暗。
その時はブルガリ・バリも開業2年目で、オープニングのラックレートでもなく、今のように旅行代理店で格安料金も出ていなかったから、日本円で14万円も払っていました。最初からオーシャンビューヴィラがそういうカテゴリーだとわかって泊まっていたら、別に文句はなかったんです。というより、一番下のカテゴリーは、海が見えないけど14万円って初めにわかっていたら、泊まりにも来なかっただろうと思います。だって14万も出したら、他で思いっきり素晴らしい部屋に泊まれるも~ん。

このときは友人と二人で泊まっていたので、日本語で「どうする?何か言ってみる?」と話し、代理店のバウチャーを出して、案内してくれたバリ人の青年に「オーシャンビュー」って書いてあるんだけど…って言って見ました。

「屋根の間に小さく水平線が見えるでしょ。だからここはパーシャルパーシャルオーシャンビューです。」

本当はね、一番下のカテゴリーはこれしか海が見えないんですよってホントのこと言われたら、ぐ~の音も出なかったんだけど、こんな言い訳めいたこと言うもんだから、私に反撃の機会を与えてしまったのよね~。

「オーシャンビューヴィラ確約って言われて来たのに、こっから1センチも見えないような水平線見るために、1400ドルも払うはずがないでしょ。オーシャンビューヴィラって言われたら、オーシャンビューを想像して来るでしょ?これが、本当にあなたにもオーシャンビューの部屋に見えるの?これであの小さな小さな水平線をオーシャンビューだというのなら、それは詐欺と言われても仕方がないように聞こえるけど」

するとちょっと気圧された様子で「ちょっと聞いてみます」と言って、彼は携帯で相談を始めました。
ところが、私たちのSPAの予約の時間が迫っていて、上の指示を待つ時間が無くなってきました。
そこで私は「SPAの予約があるので、私たちがSPAにいる間にお部屋が移動と言うことになったら、ちゃんと移動させて、新しい部屋のカギをSPAの受付に『お部屋移動しました』というメッセージと一緒に置いておいてちょうだい」と言って、SPAに行ってしまいました。

SPAが終わると、受付で期待通り新しいかぎとメッセージを渡されて、バギーで新しいヴィラへと連れていかれました。

友人が先に足を踏み入れ、後ろから私が「Kさ~ん、どお?多少は違う?」と聞くと「Dさ~ん(私のこと)、ものすごく違うかも~」という、そのお部屋は~
IMG_0714.jpg
オーシャンクリフヴィラ、2コもアップグレード。言ってみるもんだね~
目の前はインド洋。ここからも端から端まで水平線がま~るく見えるよ~。

お部屋プールは申し訳程度だけど
IMG_0716.jpg

アウトドアリビングは結構広め
IMG_0715.jpg
IMG_0717.jpg
前が開けているので、リビングも明るいよ~

ベッドルームはこんな感じで
IMG_0718.jpg

バスルームはこんなの~
IMG_0719.jpg
もちろん、アメニティーは全部ブルガリです。

ヴィラには満足が行ったんだけど、次にまたまたびっくりしたのは、お部屋をまるまる太ったネズミが走っていること 
お部屋自体が半屋外なので、どうしようもないんだろうなと思いつつ、夕食を運んできた人に「この部屋、ねずみが走っているんだけど…」というと「教えてくれてありがとう」って。もちろん、それ以降にフロントからコンタクトがあったとか、そういうことは一切ありません(笑)

というエピソードが、私を「ブルガリなんか、もお行かない!!」と思わせたのではありません。
「2度と来ないぞお」と思わせたのは、チェックアウトの時の日本人ゲストリレーションズの態度でした。

私たちがチェックアウトをしに、フロントに着いた時、その人はどこかと電話をしていました。そして私たちが来たのを認めると「目で」こっちへ来いという合図を送ってきたのです。

鍵を出す友人。
電話をしながらパソコンを操作し、一言もないままにインヴォイスを目の前にさしだします。もちろん電話は切っていません。
友人が、クレジットカードを差し出すと、それを受け取りそのまま処理を始めました。もちろん、電話したまま。
クレジットカードのチェックを電話をしながら差し出す日本人ゲストリレーションズ。
友人がサインをすると、控えを封筒に入れて、頭を下げました。もちろん、電話したまま。

そして私たちは、そのままブルガリ・バリを後にしたのでした。

別に怒るほどのことではないんですけど、天下の超超高級ホテルって自称していて、ホテルってファシリティーよりホスピタリティーを売るものだっていう自覚はないんですかね。

アヤナも縁を切って正解だったかもよ。

でも、あれから数年。
ホテルって進化するからね~。
値段も当時に比べればものすごく安くなってるし。

やっぱりロケーションは素晴らしいので、も一回行ってみてもいいか~

スポンサーサイト
TAG :
バリ
ホテル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

う〜ん、やっぱり私も一緒に行きたかった…

Re: No title

この間の土曜日、ど阿呆Mちゃんが「今度さみーと一緒にバリに行きたい〜」って言ってたけど、私とけいちゃんがバリに行くときは、あいつは連れていくまい…

No title

ひ〜、丸々太ったネズミですか!!v-12
トッケーならいいけどネズミは勘弁して欲しいな(^^;)
それにしてもひどいゲストリレーションが居たものですね!同国人ゆえに余計に腹立たしいかも。。。
さまんささん、今回の渡バリも楽しんできてくださいねv-238

Re: No title

まじかるさん、こちらでも、こんばんは〜。

ね〜、トッケーなんて、いて当たり前のように過ごしているので、何でもないですけど、ネズミはひるみますよね。
でも、最近は昔ほどトッケー見なくなった気がしませんか?

渡バリの準備もできないまま、出発はカウントダウン状態です。
どーしよ?
お知らせ
遊んで暮らしたい方はポチっと❤ 人気ブログランキングへ それじゃダメか(笑)
4travelさんに紹介されました
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパのおすすめリンク RAINBOW「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」
ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ のクチコミ
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事(全記事表示)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さまんさ

Author:さまんさ
やっぱバナナウユでしょ〜❤

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。