スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕食はアマヌサ…でもその前にちょっと事件が

いつもオットに「リゾートホテルで過ごすときは、外で100円のものに1000円の値がついていても、気持ちよく払って文句を言わないこと」と言われていますが、どうしてもそれができません。貧乏性です、さまんさです
さて、今日はそんなケチな根性の私が引き起こした、今回のバリ旅行最大の事件で、しかもとても小さな出来事。

きっかけは、ある日の夕食の予約。

ある朝、いつものようにボネカで朝食をとり、オットが「チップがなくなったので、細かいお金に両替してくる」と、ホテル内のバンクに行ってしまったので、私は、ちょっと待ってる間に今日のディナーの予約をしておこうと思い立ち、コンシェルジュデスクに寄りました。
さまんさ「今日の夜、アマヌサで夕食の予約をしたいんですけど」
コンシェルジュ「かしこまりました。イタリアンですか」
さまんさ「ううん、そっちじゃなくて、二階のテラスにあるほう」
コンシェルジュ「そちらでしたら、いつもすいているので(←コラコラ)、まだ電話もかけてはいませんが、コンファームということで大丈夫だと思います」(アンタがコンファーム出してどうするよ?)
こんないい加減なことでいいのかな~と思いつつも、本当にアマヌサのテラスはすいているので、ま、いいかな~と思い、そのままスルー。
さまんさ「アマヌサまでは、歩いていけるよね?」
コンシェルジュ「それは御心配いりません。私どもがお送りしますし、帰りはアマヌサがここまで送ってくれますので」
さまんさ「じゃあ、何時に車寄せに来ればいい?」
コンシェルジュ「6時半の予約なので6時半には、車をスタンバイさせておきます」

も~、この会話がイカンかった~。

アマヌサはヌサドゥア内は無料で送迎してくれるので(これも、ゲストの場合なので今回がそれに当てはまったかどうかは不明なんだけど)、私はこの会話で「お互いのホテルの無料送迎を使えば大丈夫」ということだと思い込み、そのように手配してくれるのだと思って、料金について何も確認せずに部屋に戻りました。そして後は、いつものようにビーチと部屋プールを行ったり来たりの一日を過ごしたのでした。

そして午後6時25分ごろ。
車寄せに着いた私たちは、ベルデスクに名前を告げると、ベルデスクは予約の中にうちの名前がない様子で、首をかしげながらあっちこっちにせわしなく電話をかけ続け、一向に車が来る気配がありません。
6時半をとうにすぎてから「どこまでお出かけですか?」と聞いてくる始末。
これは、連絡が行ってなかったのか、ベルデスクの不手際なのか「6時半にアマヌサに送ってくれる車をスタンバイしておくって、コンシアージュが言ってたよ」というと「CERTAINLY」って返事。なにがCERTAINなんだって突っ込みそうになりながらも、来ない車を待ち続けておりました。

そしてやってきた車は、明らかに荷物運び用のボロボロのバン。
まあ、無料送迎だし、すぐそこだし、しょうがないけど天下のセントレジスがお客様を乗せる車じゃないわよね~、他のホテルでもこんなことなかったけど、とにかくアマヌサに着けばいいわと思い、乗りこむと、アマンやフォーシーズンズでよくある、カーチャーターするときにサインさせられるのと同じようなことが書いてあるフォームに、オットがサインさせられていました。
さまんさ「ちょ、ちょっと待って。これって料金がかかるの?」
ベルデスク「はい」
さまんさ「いくら?」
ベルデスク「30ドルです」

30ドル~~~???

あのねこれ↓、グーグルからの引用ですけど、ほんとにこの二つのホテルは近いんです。セントレジスのゲートから、アマヌサのゲートまでは、直線じゃないのでお互いは見えないけど、たぶん100メートルないと思う。
キャプチャ1

びっくりした私は「アマヌサだよ。どこにあるか知ってる?アマヌサ。そこに行くのに30ドルもかかるの?」と聞くと、ベルは「はい、お食事中ずっとアマヌサで待っていますから」という返事。
これは、コンシェルジュデスクから何の連絡も行ってないんだと確信した私は「でも、コンシアージュは、うちが送ってって、帰りはアマヌサが送ってくれるって行ってたよ」というと「じゃあ、15ドル」っていう返事。
実際、今となってはコンシェルジュが何を意図して「送ってあげる」と言ったのかはわからないのですが、この時は何にも確認しなかった自分を悔みました。

しかも、別に値切ってるわけじゃないんだけど、この値切り交渉みたいな立場に立たされている状況にもげんなりして、それでも15ドルって、日本でも結構遠くまで行けるそのぼったくり値段を払う気にもならず、ベルの不手際も、連絡の不備も、ボロボロの車も、みんな納得がいかず、予約の時間を30分以上も過ぎていたので「じゃあ、キャンセルしてください」と言って車を降りてしまいました。

もちろん、モナコのオテルドパリのように、お隣の(しかも地下でつながってる)グランカジノに行くのにリムジンを手配していくという世界があるのは知ってますし、セントレジスだってそれなりのホテルなんだから、こんなことでグズグズ言っちゃいけないのもわかってるんですけどね…

アマヌサへの道すがら、オットには「払えばいいんだよ、30ドル」と言われつつも、アマヌサに着くと、良く知った大好きな雰囲気に家族の気分も盛り上がります。

相変わらず、アマヌサは素敵~
P1000796.jpg

適当にこんなん食べて
P1000788.jpgP1000789.jpg
P1000790.jpgP1000793.jpg

アマヌサのスタッフとも会話も弾みます~

そしてチェックをすませ、席を立とうとするとアマヌサのスタッフが来て「セントレジスからお迎えが来ております」って

「でも、うち、そんなの頼んでないけど」というと、アマヌサ曰く「ミスター&ミセス○○がこちらに到着した直後にセントレジスから電話がありまして、○○さまがデザートに入ったら、セントレジスに連絡をくれとのことでしたので、デザートを運んだ後に、こちらからセントレジスに電話をしたのです」とのこと。

そんな話をしながらレストランを出ると、フロントの向こうの車寄せに、白い手袋をした運転手さんと共に、ぴかぴかの黒~いでか~いベンツが一台。

運転手さんは、家族の一人一人を丁寧に車に乗せてくれると、アマヌサのGMまでが出てきて見送ってくれる始末。
しかも車の出発前に「本日、○○さまにご不便をおかけしましたことを、深くお詫びもうしあげます。こちらはホテルからの謝罪の手紙でございます」って。
この手紙には「ベルデスクの誤解により、○○さまにご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます」って書いてあったので、結局何が真相なのかは分からずじまいでした。

P1000797.jpg
ちなみに、これは車内。車の写真を撮るのは、運転手さんが待っているので恥ずかしかったの(笑)

ただ、このでか~いベンツ、なんだかやることが大袈裟で、ものすごく恥ずかしかったです。
やっぱり100メートルに15ドル払うべきだったのかしら??
スポンサーサイト
TAG :
バリ
ヌサドゥア
アマンリゾーツ
2010バリ旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

無料送迎じゃないの!?

こんばんは〜。chempakaです!

セントレジスとアマヌサ。。。
送迎サービスなんて『無料』と思ってしまうのは
僕も同じですよ。

頭によぎっても確認しとこうなんて思いませんって!
スルー!スルー!(笑)

でも、驚きですね〜。セントレジスのスタッフの
リレーションがどうこうでなくて、完全にコンシアが
忘れてしまってますね〜これは。(笑)
最後はデスクの責任になってるし。(笑)

でも、最後はベンツでお迎え、手紙付き。。。
フォローは完璧ですねえ。さすが!


No title

至近距離なのに30ドルって驚きですね!
普段メータータクシーしか使わないので知りませんでしたが、このクラスのホテルだとそのくらいしちゃうんですね〜
でも何のためのコンシェルジュだか・・・って思ってしまいます
帰りはもちろんタダですよね・・・
それともお詫びの手紙だけでしっかりチャージされてましたか?

No title

こんにちは♪

うひょ〜30ドルですか^^
しかもボロボロのバンで(^_^;)
高級ホテルでの このような対応が
イマイチ理解できないです(笑)

さまんさサンのお怒りは
ごもっともだと思います^^
お迎えの ベンツも 2度
ビックリでした( *^-^)

あっ それと
事後報告で申し訳ありませんが
ブログ文章内にて リンクを
貼らせて頂いております^^
もし 間違いや こりゃ困るなど
ございましたら お知らせ
頂ければ助かります^^

Re: 無料送迎じゃないの!?

chempakaさま〜

> セントレジスとアマヌサ。。。
> 送迎サービスなんて『無料』と思ってしまうのは
> 僕も同じですよ。
ホントですか? よかった。私だけがずうずうしいのかと思いました(笑)

> でも、驚きですね〜。セントレジスのスタッフの
> リレーションがどうこうでなくて、完全にコンシアが
> 忘れてしまってますね〜これは。(笑)
> 最後はデスクの責任になってるし。(笑)
やっぱり?
やっぱり、コンシアージュが忘れてますよね〜?

> でも、最後はベンツでお迎え、手紙付き。。。
> フォローは完璧ですねえ。さすが!
ポカがあってもきちんとフォローできるかどうかで、ホテルの良し悪しは決まりますよね。

Re: No title

sukuさま〜

> 帰りはもちろんタダですよね・・・
> それともお詫びの手紙だけでしっかりチャージされてましたか?
もうこれはね〜、聞くに聞けなくて(笑)
これはホテル側のフォローだろうとは、もちろん思っていたんですが、イマイチホテルに信用がおけなくて「チェックアウトの時、これチャージされてたら、二度と来ないよね、このホテル」って、笑いながら家族で話していたのですが。

で、結論としては、チャージされていませんでした、ホッ(笑)

Re: No title

miuさま〜

文中リンク、ありがとうございました。

やっぱり、今でもタクシーの運転手さんでも、パークハイアットを知らない人がいましたか。
でも、今は住所と電話番号さえあれば、到着できますけどね。

なんか、この間韓国行ったときは、パークハイアットに直接帰ることがなくて(コエックスとか現代デパートで買い物してから帰るので)、すっかり忘れてました。

またmiuさんのところにも遊びに行きます〜
お知らせ
遊んで暮らしたい方はポチっと❤ 人気ブログランキングへ それじゃダメか(笑)
4travelさんに紹介されました
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパのおすすめリンク RAINBOW「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」
ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ のクチコミ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事(全記事表示)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さまんさ

Author:さまんさ
やっぱバナナウユでしょ〜❤

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。