スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜入!モヨ島奥地で滝の神秘を見た@アマンワナ

先日、矯正の終わった歯列が元に戻らないように、歯茎の筋を切る処置を受けました。痛い痛~い麻酔の後「しばらく待ってくださいね」の言葉通りにおとなしく待っていましたが、いくら待っても麻酔された感じがしません。何度も自分の指で歯茎を触ってみても、触られている感覚があるまま。「先生~、麻酔効いてないみたいなんですけど~」と言うと歯科助手さんたちは「麻酔の追加しましょうね~」と言ってくれているのに、歯医者さんは「え~、一回切ってみようよお~」って。結果は激痛と大出血よ~、やっぱり血痕。麻酔が効かない体質です、さまんさですぐったり2

さて、前回のアマンワナの続きなんですけど、本当にうちって写真を撮らないものだから、これでちゃんと記事になるかどうか不明です~jumee☆sweat2Lr

過去旅のうち、きちんとカメラを持っていったことが半分以上無いので、フォーシーズンズランカウイとかロイヤルピタマハとか、せっかく行ったのに他にもまったく旅行の写真が無いことが多いのです~

なので、写真が残っているだけで珍しいということで許して~泣ごめん
では、今回も水曜スペシャル風のタイトルでGO

ご存知の通りアマンワナはテントに泊まります。でも、テント内部の写真は撮ってないのでHPから拝借~
wana_tent_ext_chairs_alb.jpgwana_tent_int_bed4_alb.jpg
やっぱりテントなので、機密性は悪いし、バスタブはないし、ヴィラに泊まるのとはまったく違います。
エアコンはありますが、効きは悪いです。自家用発電だと思うので、ものすごくうるさいですし…
でも、テントに泊まるなんてやっぱりアマンにでも来ないとないことなので、おもしろかった~

IMG_1307.jpg
赤いマルが私たちのテント、取り合えずオーシャンテントのカテゴリーです。
お隣のテントがダイアナ妃が泊まったという「ダイアナテント」。私たちがいるときは、ニューヨークから来たアメリカ人の新婚さんが泊まっていました。
ダイアナ妃は人目につきたくないから、はじっこのテントで良かったのでしょうが、テントからのビューを考えると、レストラン近くのビーチにあるテントが良かったと思います。

ところで、このテントの周囲はサルだらけ。チェックインした時に「絶対サルに餌をあげてはダメ」と言われていたのですが、子猿があまりにも可愛くて、バナナをあげたらあっという間にサル30匹くらいにテントを囲まれて、外に出られなくなりました。アマンワナに行く予定の方は、本当にサルに餌をあげてはダメよ~

アマンワナのHPにはジェットセッティの写真があるのですが、私たちは雨季の終わりに行ったので取り外されてました。
wana_camp_jetty3_alb.jpg IMG_0802.jpg

でも、このサンデッキは本当に気持ちがいいんですよ~IMG_0813.jpg
アマンワナの宿泊代には食事が全て含まれていて、飲み物も一部のアルコールを除き飲み放題です。テントの冷蔵庫にあるものも飲み放題なんですけど、このサンデッキにいる時も好きなものを頼み放題ですバンザイ
で、ホテルの人の話では「ゲストの飲み物が半分になったら次の飲み物を聞かなくてはいけない」そうで、ガバガバアイスティーだ、コーラだと飲んでいた私たちに、四六時中ホテルの人がやってきて「次は何をお飲みになりますか」って。もぉ~、落ち着かな~い(←やっぱりアマンに向かない?)。「何か食べますか?」「サンドイッチでもお持ちしましょうか?」って、貧乏性な私たちは、夕食の前におなかいっぱい。オットなど、勧められるままにウィスキーソーダを飲み続けて、へべれけになっておりました。

そうそう、こちらの食事は毎日メニューが違って、その中から選ぶのですが、うちの子のようにお子ちゃまはカルボナーラとかサンドイッチとかハンバーガーとか、メニューに載っていなくても作ってくれましたよ~
夜中にお部屋にケーキやアイスクリームも頼むと届けてくれました。これも全部宿泊代に含まれているの~。アマンの中では一番お金を使わなかったと思います。

サンデッキの真下は、サンゴ礁です。
IMG_0801.jpg
でも、このサンゴ礁は人工に植えたもの。ホテルのオプショナルツアーでシュノーケリングやダイビングに行くところは自然のサンゴなので、全然違います。
でも、ホテルからドボンと潜るとサンゴと色とりどりのお魚なのは、すごくうれしい。

さて、アマンワナの売りはウォーターフォールエクスカージョンというオプショナルツアー。

モヨ島は島の中に7つくらい村があって、それぞれの村は陸上ではつながっていなくて、船で行き来しています。アマンワナからお隣の村まで船で行き、そこにあるアマンワナの車(戦時中に使っていたトヨタの戦用車)に乗って、滝に向かいます。
お隣の村は、素朴な「ウルルン」に出てくるような高床式のおうちが並ぶ村ですが、家畜と糞のにおいは結構強烈です。しかも、ゴミを捨てる習慣が無いらしく、道にはゴミが踏み固められています。

そして、しばらく車で行くと「これ以上は車で行けないので、歩きます」とのこと。
ジャングルの中を30分くらい歩いたでしょうか。ワンビースにビーチサンダルで来たのは大失敗でした。
見たことのない虫や、蛇に遭遇しながら滝が見えてきます。
IMG_0823.jpg
手すりはアマンワナがつけたもの
IMG_0828.jpg
ここで泳げるようにセッティングしてありますが、水の中に何がいるのか分からず、ちょっと怖いぶるぶる
木の橋が渡してあるのですが、ぬるぬるしていて素足で渡るにはものすごい勇気が必要~。
この脇には、テーブルが用意してあって、アフタヌンティーが出来るようにセッティングしてくれました。
でも、泳いでお茶した後、ジャングルを何十分か歩いて車に戻るのは、ちょっと大変~。
思った以上にハードなツアーでした。

次の日、ロシア人のゲストがこのエクスカージョンに出発するのを見かけました。
ロシア人の女の人はぴっちりしたワンピースにハイヒールを履いて出かけて行ったけど、大丈夫だったかしら?

なんやかんや言っても、この川口浩風マダム体験は貴重でした。
次回は同じテントでもアマニカス狙っています~ぴーす


スポンサーサイト
TAG :
アジア
アマンリゾーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

アマンワナ

さみーv-238
こんなにおしゃれなテント生活っていうのもいいね〜v-290

Re: アマンワナ

たしかドバイの郊外にもテントのホテルがあるのよね〜
気になってますv-221

ワイルドで面白そうですね〜。ソフト面はちゃんとアマンなのね〜♪
ところでお口の中は大丈夫ですか??歯科矯正の後って歯茎の筋切らなきゃいけないなんて初めて知りました・・・。お大事に。

Re: タイトルなし

まじかるさん

まじかるさんは、潜られるんですよね〜?
私たちはシュノーケリングしかしないんですけど、それでもとってもきれいな海でしたよ。でも、お魚さんたちはちょっと小ぶりなの。海の中に入ると、雪のようにカラフルなお魚が降ってくるようでした。

AMEDあたりはどんな海でしょうか。今度は東部まで足を延ばしてみたいです。
でも、2ヶ月後のバリは、また南部なんですけどね〜
お知らせ
遊んで暮らしたい方はポチっと❤ 人気ブログランキングへ それじゃダメか(笑)
4travelさんに紹介されました
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパのおすすめリンク RAINBOW「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」
ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ のクチコミ
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事(全記事表示)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さまんさ

Author:さまんさ
やっぱバナナウユでしょ〜❤

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。