スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターコンチネンタル・バリの入国アシスタンス

なんと、今バリのウブドではジュリア・ロバーツとブラッド・ピットが映画の撮影中だそうです
しかも、ブラッド・ピットは、私がいつか一人旅で行こうと計画中のリンダガーランズ・エステートに住んでいる設定だとか

私には一人旅の野望宿がアジアにいくつかあって、ここは本当に行こう行こうと思いつつ果たせぬ夢のお宿です。他にもまじかるさんがお泊りになったバリ・アメッドにあるアクアテラス(まじかるさん、お世話になります~)も野望宿の一つですし、今年の六月についに実現予定のジョグジャカルタにあるロザリコーヒープランテーションも、私にとっては何年か越しの野望宿だったのです~。もちろんジョグジャといえば、あのホテルですけど、こちらは「野望」ではなくて「憧れ」。そうやって旅行貧乏がとまりません、さまんさです

野望宿がある一方で、全然触手の伸びないホテルもあります。
その一つがインターコンチネンタル・リゾート・バリ
バリのフォーシーズンズ・ジンバランのお隣にあり、お昼を食べに行ったり、SPAに行ったり(結構上手なの~)することはあったのですが、大型だし、人でいっぱいだし、デイベッドがプラスチックだし、まあ行くことはないだろうな~と思っていたのです。

ところが、去年の夏、ワケあってついにインターコンチネンタル・バリに宿泊いたしました~。

うちのオットは、結婚前に海外に出たことはなく、自分の人生に海外なんて関係ないと思っていたクチだったのですが、10年前の初バリ以来「バリに行きたい、行きたい」とうわごとのようにつぶやくようになりました。それ以来毎年バリに行っていたのですが、子供の部活が始まってからは、以前のように頻繁にバリに行けなくなってしましました。

そこで私の提案。
「パパ、一人でバリに行っておいでよ」

今までも何度も提案してはいたのですが、オット曰く「一人では不安なので、行かない」との返事。
でもこのまま家族の予定を考慮していると、ずっとバリに行けないと悟ったのか、今回は「一人で行く」とのことでした。

そこで問題になるのはホテルです。
オットの希望は「入国の時に並ばないサービスがあるホテル」でした。

フォーシーズンズには入国サービスはありましたし、カユマニスにもあると聞いていました。
ところがオットは「あーゆーところは、サービスが行きとどいていて、何くれとなく世話を焼いてくれるので、英語が出来ない自分は面倒くさい」というのです。

なので大型なインターコンチネンタルなら、放っておかれるのではと思い、そう提案すると
「フォーシーズンズのビーチで泳いでいて、真水につかりたくなるとインターコンチネンタルのプールでひと泳ぎしてくるんだよね~(注:本当は宿泊者のみのプールです)。けっこうおもしろそうだな~と思ってたんだ~」
と、同意してくれたので、そのままインターコンチネンタルのクラブルーム(入国アシスタンスがあるのはクラブルームのみ)に決定しました。
そして、私とムスメは夏休みの部活終了後にインターコンチネンタルでオットと合流することに。

ところが、出発直前、急にインドネシア政府が「入国サービス」を中止しました。
驚いてインターコンチネンタルに連絡をとってみると、確かにホテルの人が代わりに入国審査を受けるシステムは中止になってはいましたが、インターコンチネンタルは、飛行機の出口でゲストを迎えて、一緒に入国審査に並んでサポートしてくれるというのです。
これを聞いて夫は一安心。生まれて初めての「海外一人旅」に出発しました。

インターコンチネンタルの入国アシスタンスは、飛行機を降りたところでゲストの名前が書いた紙を持った人と出会うところから始まります。(各旅行会社でも他のホテルでもやっているようなので、飛行機を降りたところで紙を持っている人と会うというのは、どこも同じだと思います)

私の時は、そのまま入国審査のところまで一緒に行って、最初にヴィザ代金を支払うところで、インターコンチネンタルの人が横入り。そのままヴィザのシールを張ってもらうと、入国審査の誰もいないインドネシア人の列で、ポンポンとハンコを押してもらい入国審査終了。全部で五分もかからなかったと思います。

入国が済むと、こちらに通されます↓
IMG_1111.jpg
デンパサール空港内にある、インターコンチネンタルのラウンジ。

現在は入国アシスタンスが再開されていますので、飛行機を降りてホテルの人に会ったら、パスポートと25米ドル(ヴィザの代金は最近一律25米ドルに変更されたそうです)と荷物のタグの控えを渡して、直接このラウンジに通されて、待っていると、入国審査を終えたパスポートとバゲージクレームでピックアップした荷物を持って来てくれます。

ラウンジの内部はこんな感じ↓
インターコンチ
ウェルカムドリンクを頂いて待ちます。雑誌もテレビもあります。でも、あっという間にお迎えは来てしまいますが…

私は、夜中に到着したので、やっぱり楽チンで便利でした。

そしてホテルに到着すると、さらにクラブラウンジでウェルカムドリンク。
ここでは、好きな飲み物をオーダーする形でした。

やっとオットと再会すると、この日はさっさとシャワーを浴びて寝ました。

インターコンチネンタルのクラブルームは、どこでも朝食が食べられるようになっていて、朝食レストランは3つくらいありました。次の日の朝は、オットお勧めの、一番品数が多いビュッフェレストランで頂きました。朝食はクラブラウンジはあまり充実していないとオットは言っていました。でも、静かですけどね。
他のレストランはやっぱり人でいっぱいでした。

朝食が済んで、ちょっとクラブ専用のプールを見学に行きました。
IMG_1113.jpg
ここは、他のプールと比べると、静かだそうです。

振り返ると、こんな景色↓
IMG_1115.jpg
ここでオットは一人バリを満喫したようですが、スペイン人の男性に「一人~?」とか聞かれて、ナンパされていたようですよ~。そのスペイン人はデブ専に違いない

このあと、ここに一時間もいないうちにフォーシーズンズ・ジンバランに移動してしまったので、私のインターコンチネンタル・バリのお話はココまで~。
10時間にも満たない滞在でしたが、オットの話によると、クラブラウンジはいろいろなことが充実していて大満足だったようですよ~。

私もいつか、インターコンチネンタルに再訪して、クラブラウンジで食べ放題の日々を送ってみたいです~


スポンサーサイト
TAG :
バリ
ホテル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

私もこんなrichな入国審査を受けたいv-218

Re: No title

でも、本人確認無しで入国させていいの?ジェマーイスラミアっていう人たちもたくさん出入りするあのインドネシアで???

楽でいいですね〜

こんばんは!しらなかった!そんなサービスがあるなんて・・・。
GAがディレイして、MHとQFも同時に到着したことがあって、あの時は1時間以上入国審査で待ちましたからこんなサービスがあるといいですよね♪
ところで、さまんさ さんの渡バリの時期はそろそろですか〜?^^

Re: 楽でいいですね〜

まじかるさん、こんばんは〜

このサービスって、あんまりホテルも旅行会社も宣伝したがらないそうです。なぜかというと、インドネシア政府はすぐ方針を変えてしまうから。お客さんに依頼されても、そのお客さんが到着する時には、サービスが無くなっているかもしれないって思うと、勧められないんですって。でも、地元旅行会社はたいてい扱っているみたいですよ。

ングラライ空港に到着する時って、入国が混んでるかそうでないかって、運みたいなところもあるから、このサービス頼んでも、全然入国が混んでなくて、頼まなくてもすぐ出てこれただろうから、サービスに払ったお金が無駄だったかも…ってことも多々あるようです。

私の今年の渡バリは、3月6月8月までは決まっています〜。
去年の八月以来行っていないので、そろそろ行きたいムシが騒いでいますよ〜
お知らせ
遊んで暮らしたい方はポチっと❤ 人気ブログランキングへ それじゃダメか(笑)
4travelさんに紹介されました
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパのおすすめリンク RAINBOW「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」
ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ のクチコミ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事(全記事表示)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さまんさ

Author:さまんさ
やっぱバナナウユでしょ〜❤

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。